最新の全ゼミ開講情報

  • 19著作・不競短答演習メール講座
  • 18口述ゼミ
  • 18民法演習講座
  • 18口述個別レッスン(東京)
  • 18著作権法・不競法短答ゼミ
  • 18著作・不競短答演習メール講座
  • H29短答復習講座(著作・不競)
  • 2018(H30)向け講座の通信教材について
  • 2018(H30)向け新橋ゼミのキャンペーン・合格保証制度
  • 2019(H31)論文必須添削講座
  • 短答ゼミ 開講情報

  • 19著作・不競短答演習メール講座
  • 18著作権法・不競法短答ゼミ
  • 18著作・不競短答演習メール講座
  • H29短答復習講座(著作・不競)
  • 17短答著作・不競法ゼミ
  • H28短答復習ゼミ
  • 短答個別レッスン
  • 15審査基準講座【意匠編】
  • 15審査基準講座【商標編】
  • 2015(H27)青本ゼミ
  • 短答対策のゼミ/講座の合格者の声
  • 論文必須ゼミ 開講情報

  • 2019(H31)論文必須添削講座
  • 2019(H31)論文必須ゼミ
  • 論文必須試験合格者の声
  • 論文必須ゼミ生/論文必須添削講座受講生の合格実績
  • テーマ予想講座&論文必須直前講座の予想的中
  • 過去の論文必須ゼミ終了後の雑感
  • 論文選択ゼミ 開講情報

  • 18民法演習講座
  • 17選択・民法対策ゼミ
  • 2015論文試験(選択)の予想結果について
  • 2015(H27)著作権法要点整理講座〈初/中〉
  • H26著作のポイントと直前模試の予想的中について
  • 著作権法練習問題添削講座
  • 著作権法過去問解答集〔H14~H24年度〕
  • 「著作権法」合格者の声
  • 口述ゼミ 開講情報

  • 18口述ゼミ
  • 18口述個別レッスン(東京)
  • 15審査基準講座【意匠編】
  • 15審査基準講座【商標編】
  • 口述ゼミ・青本ゼミ等合格者の声
  • 2015(H27)青本ゼミ
  • H25年度 要点整理集【音声版】
  • パック講座 開講情報

  • 2018(H30)向け講座の通信教材について
  • 2018(H30)向け新橋ゼミのキャンペーン・合格保証制度
  • 講座料金の分割払いについて
  • 合格者の声

  • 口述ゼミ・青本ゼミ等合格者の声
  • 論文必須試験合格者の声
  • 短答対策のゼミ/講座の合格者の声
  • 「著作権法」合格者の声
  • 新橋ゼミの書籍・レジュメ

  • 要点整理集(第8版) H26年度改正対応
  • 一問一答集(H26法改正対応)
  • H25年度 要点整理集【音声版】
  • 著作権法過去問解答集〔H14~H24年度〕
  • 知的財産管理技能検定 テキスト&問題集
  • 論文試験用答案用紙(50枚)
  • 研修・実務セミナー

  • 著作権勉強会 H29年度会員募集
  • 著作権勉強会3/25「不競法のH27年改正点の解説」
  • アーカイブ

  • 2018年5月
  • 2017年9月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2016年9月
  • 2016年7月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年7月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年11月
  • 2013年8月
  • 2013年5月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月

  • お申込みとお支払いのご案内
    特定商取引法に基づく表記
    個人情報保護指針


    短答個別レッスン

    ここ3年間の短答試験の合格率は、H27年度が14.1%、H26年度が11.8%、H25年度が9.2%であり、この3年間の合格率平均を見ると11.7%です。合格率の推移を見ますと、H21年度は19.3%、H20年度に至っては39.6%、H19年度も31.0%というように、従前は、相対的に見ると高合格率でしたので、近年の短答試験を突破することは困難であることがわかります。

    参考までに見ますと、論文試験の合格率は、H26年度が27.2%、H25年度が23.5%、H24年度が28.3%であり、この3年間の合格率平均を見ると26.3%です。

    両試験の性質・内容などが異なるため、単純比較はもちろんできませんが、数字だけを見ますと、実に、短答試験の合格率は、論文試験の合格率の半分以下であり、短答試験の難易度は相当高いということがいえます。加えて、来年度から、各教科ごとの足きりラインが設定される予定ですから、一層、短答試験の難易度が高まることが予想されます。

    今年度の本試験で、短答試験を突破できなかったことには、絶対に何らかの理由があります。来年度の短答試験を突破するためには、
    (1)不合格となった理由をご自身で「適格に分析」し、
    (2)その理由の根拠となる弱点を「しっかりとつぶす」、
    という、たった2つのことができれば良いといっても過言ではありません。

    しかし、結論から先に申しますと、「適格に分析」できていない受験生が少なくないと感じられます。おそらく、不合格となった理由を、兎角、ご自身にとって都合の良いように考えている受験生が少なくないのでしょう。事実、そのように評価できる受験生ほど、本試験での点数が、その前年度の点数に比して、ほとんど変化していません。

    極端な例を挙げましたが、難関試験ともいえる短答試験を無事に突破するためには、短答試験までのスケジュールを戦略的に立てることが効果的なのです。

    このレッスンでは、今年の本試験で配布された問題冊子を持参していただき、そのときのメモ書きなどに基づいて、個々人の弱点を分析するとともに、短答試験までの学習スケジュールのプランニングを行います。

    具体的には、
    (1)今年度の短答試験対策として、どのような自宅学習を行っていたかをヒヤリングします。
    (2)持参いただいた問題冊子から、「迷って切りきれなかった枝がある問題」、「正答率が高いにも拘らず誤答した問題」などを、全ての教科に亘って拝見させていただくことにより、弱点を把握します。
    (3)また、把握した弱点から、総合的に見て、学習方法がどのように誤っていたかを分析します。
    (4)そして、分析結果に基づいて、個別に短答試験を突破するためのプランニングを提示します。

    なお、レッスン時間との兼ね合いにもなりますが、誤答問題或いは偶然的な正答問題について、「教科」×「難易度」×「正答に必要なツール」といった観点から、その問題を正答するためには提示したプランニングの内容が妥当であるということにつき、説明させていただきます。

    <短答個別レッスン>

    担当講師 山内 博明
    時  間 1コマ40分
    スケジュール 講師と相談の上決定して随時実施
    場  所 新橋ゼミ事務局ミーティングルーム(東京)・大阪・名古屋など(三田線内幸町駅1分、新橋駅5分)
    料  金 短答個別レッスン