最新の全ゼミ開講情報

  • 19著作・不競短答演習メール講座
  • 18短答試験から見るテーマ予想講座
  • 18論文必須直前講座
  • 18口述ゼミ
  • 18民法演習講座
  • 18著作権法・不競法短答ゼミ
  • 18著作・不競短答演習メール講座
  • H29短答復習講座(著作・不競)
  • 2018(H30)向け講座の通信教材について
  • 2018(H30)向け新橋ゼミのキャンペーン・合格保証制度
  • 短答ゼミ 開講情報

  • 19著作・不競短答演習メール講座
  • 18著作権法・不競法短答ゼミ
  • 18著作・不競短答演習メール講座
  • H29短答復習講座(著作・不競)
  • 17短答著作・不競法ゼミ
  • H28短答復習ゼミ
  • 短答個別レッスン
  • 15審査基準講座【意匠編】
  • 15審査基準講座【商標編】
  • 2015(H27)青本ゼミ
  • 短答対策のゼミ/講座の合格者の声
  • 論文必須ゼミ 開講情報

  • 18短答試験から見るテーマ予想講座
  • 18論文必須直前講座
  • 2018(H30)論文必須添削講座
  • 2018(H30)論文必須ゼミ
  • 論文必須試験合格者の声
  • 論文必須ゼミ生/論文必須添削講座受講生の合格実績
  • テーマ予想講座&論文必須直前講座の予想的中
  • 過去の論文必須ゼミ終了後の雑感
  • 論文選択ゼミ 開講情報

  • 18民法演習講座
  • 17選択・民法対策ゼミ
  • 2015論文試験(選択)の予想結果について
  • 2015(H27)著作権法要点整理講座〈初/中〉
  • H26著作のポイントと直前模試の予想的中について
  • 著作権法練習問題添削講座
  • 著作権法過去問解答集〔H14~H24年度〕
  • 「著作権法」合格者の声
  • 口述ゼミ 開講情報

  • 18口述ゼミ
  • 15審査基準講座【意匠編】
  • 15審査基準講座【商標編】
  • 口述ゼミ・青本ゼミ等合格者の声
  • 2015(H27)青本ゼミ
  • H25年度 要点整理集【音声版】
  • パック講座 開講情報

  • 2018(H30)向け講座の通信教材について
  • 2018(H30)向け新橋ゼミのキャンペーン・合格保証制度
  • 講座料金の分割払いについて
  • 合格者の声

  • 口述ゼミ・青本ゼミ等合格者の声
  • 論文必須試験合格者の声
  • 短答対策のゼミ/講座の合格者の声
  • 「著作権法」合格者の声
  • 新橋ゼミの書籍・レジュメ

  • 要点整理集(第8版) H26年度改正対応
  • 一問一答集(H26法改正対応)
  • H25年度 要点整理集【音声版】
  • 著作権法過去問解答集〔H14~H24年度〕
  • 知的財産管理技能検定 テキスト&問題集
  • 論文試験用答案用紙(50枚)
  • 研修・実務セミナー

  • 著作権勉強会 H29年度会員募集
  • 著作権勉強会3/25「不競法のH27年改正点の解説」
  • アーカイブ

  • 2018年5月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2016年9月
  • 2016年7月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年7月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年11月
  • 2013年8月
  • 2013年5月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月

  • お申込みとお支払いのご案内
    特定商取引法に基づく表記
    個人情報保護指針


    2016年度(平成28年度)論文選択(民法)対策ゼミ

     平成28年度より、選択科目の著作権法は廃止され、法律系科目は民法のみとなります。
     これまで著作権法の対策講座は行ってきたものの、民法は司法試験用など多くの講座・書籍があることから、実施を見送る予定だったのですが、受験生や合格者から、実施してほしいとの意見を寄せられています。
     確かに、弁理士の受験生は法律系でない文系受験者も多く、また他の講座・書籍にしても弁理士向けのものではないため、民法のような非常に学習範囲の広い科目については、効率的な学習ができるような対策講座のニーズがあると考えられます。
     これに加えて、現在、民法(債権法)の改正法案が国会に提出されており(施行日未定)、かなり大がかりな改正のため、これまでの対策講座や書籍もそのまま使えない可能性があるという状況にあります。
     一方で、民法については、著作権法よりも受験者によって学習レベルに大きな差があるようですので、ただ一律に一から学習するだけというインプット講座にはそれほど大きなニーズもメリットもないと思われます。
     特に、今年度は文系科目が1つだけとなる、新制度として最初の年であり、どの程度のレベルを要求してくるのか傾向がつかみにくく、あまり決めつけた対策は効果が薄いと思われます(一応、予測していることはありますが、あまりここで書くとネタバレになってしまいますので、興味のある方は下記のガイダンスにご参加ください)。
     そこで、演繹法的な学習ではなく、過去問をケーススタディとして使いながら、「問題」→「題意の分析」→「題意把握に必要な知識」と解説を進め、関連して改正法や周辺知識のインプットを埋めて行くという帰納法的なスタイルでの対策ゼミを行います。
     スケジュールは、月1回で、ゼミの前後に予習・復習内容を指定する、ピリオダイゼーション(期分け)方式で進めていきます。直前に集中的に行ったりするのではなく、ピーク時を設けずにコンディションの波を無くすことによって、実力の持続・向上を図るトレーニング方式です。
     予めテキストや六法の購入は必要ありません。必要なテキストレジュメは配布し、1冊だけ購入すべき書籍をガイダンスで指定しています。